カントン包茎がもたらす基本的なリスクとは

カントン包茎の基本的な症状

包皮の出入り口である包皮口が狭いカントン包茎は、勃起して陰茎が大きくなり亀頭部が露出することで痛みを覚える症状が基本的なデメリットになります。
多少の痛みだけならば良いですが、圧迫による鬱血さらに血流が長時間阻害されることで壊死を招く危険な状態も考えられます。
だからこそ痛みや圧迫感を感じたのなら、積極的な治療が必要不可欠になるのです。

カントン包茎の治療は基本的には医師の診察を経て症状が認められた場合には、その後は保険適用の治療になります。
外科手術の出来る病院での執刀になり、包皮口を切開して広げて形成を行い、日常生活に支障のないように外科手術を行うのです。
縫い目は目立たないようにカリ部分の下側で縫合して、通常の状態でも勃起時でもストレスがないように見極めて、包皮の調整をすることで経過観測します。
手術は基本的に部分麻酔で行われることが多くあり、大半は入院せずに日帰りで帰宅が可能です。

カントン包茎を放置するリスク

包皮口の狭い仮性状態のことをカントン包茎と呼びますが、個人差があって外側の皮膚が短いことによって起こる場合もあります。
日常生活での痛みや、陰茎の勃起時に圧迫感があるなどが自覚症状になりますが、自己判断せずに臨床経験が豊富な医師の診察を受けることがおすすめです。

無理に包皮を剥いて亀頭を露出させると、包皮が戻らなくなってしまい圧迫感を感じてしまうことがあります。
陰茎を紐で結んでいるような状態になってしまうので、血流が止まってしまい鬱血状態を起こしてしまうのです。
これは包皮口に対して亀頭部が大きいことが原因になっており、外科手術で包皮口を広げる処置をすることでリスク改善を行うことが出来ます。

放っておくと性交渉時の鬱血や痛み、亀頭部の損傷や最悪は壊死を起こしてしまうのです。
その他としては射精障害なども症状の1つになりますので、治療を受けて症状を改善する必要性があります。
泌尿器科や包茎専門の美容クリニックなどで、カントン包茎の治療を受けることが出来るのです。

まとめ

男性は少年時代は全員包茎であり、体の成長と共に亀頭部が露出するような状態になります。
これは体の成長に伴う現象であり、決して恥ずかしいことではありません。
また大人になっても真性包茎やカントン包茎の場合もありますが、この状態も個人差であって恥ずかしいことではないのです。

真性包茎やカントン包茎は保険適用に分類される症状であり、比較的に軽度な手術で治療することが可能になります。
基本的に手術後も数日間安静にしていれば、仕事なども行えるので積極的な治療をすることがおすすめになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です