カントン包茎は手術による改善が基本

カントン包茎が手術必須と言われている理由

包茎にはさまざまな種類があります。
日本人のかなりの割合が仮性包茎とされており、「それだけ多いなら手術をする必要は基本ない」と考えている人も多いです。
しかしカントン包茎に関してはそうはいきません。
包茎は汚れやすい・早漏になりやすいなどの短所があります。
カントン包茎は通常時で基本的に「痛み」を伴うことの多い状態です。
カントン包茎は「包茎」とは名が付いていますが、包皮(陰茎を包んでいる皮)は剥けている状態です。
ただし、包皮口が小さいため剥けている状態だと、陰茎を圧迫してしまい痛みを感じることになります。
包皮口がより小さいほど、圧迫度が上がるので痛みが強まります。
そのままにしておくと、常に違和感・痛みを感じながら生活することになるでしょう。
場合によっては血流が滞ってしまうため、細胞が壊死してしまう重大なリスクを伴います。
そのため、どんな状況であってもカントン包茎であれば、手術を行うことが基本となっているのです。

カントン包茎の手術方法の一例

カントン包茎を治療するための手術には、さまざまな種類があります。
現代では病院(クリニック)によって採用している手術方法が異なるので、自分自身が希望する手術をしてくれる病院を選択することが大切です。
一つ手法を取り上げると、例えば「複合曲線作図法」が挙げられます。
包茎手術においてスタンダードな、余った包皮の切開で解決を図る手法です。
カントン包茎の場合、包皮口が小さい点が問題なのですから、これを大きくしてあげれば良いという訳です。
するとやはり、適切な分だけ切開する必要が出てきます。
切断した部分はカリに沿って整え、見えにくくします。
そうすれば自然な見た目となって、包茎ではない、通常の陰茎のように見えるのです。
痛みを改善し、見た目を良くすることで満足する患者さんがほとんどです。
カントン包茎は病気という位置付けになっているので、保険が適用されます。
手術が基本の症状となっているので、保険を使ってまずは治療、痛みを無くすことから始めましょう。

まとめ

世の中では仮性包茎をコンプレックスに感じている人が非常に多いです。
そして無理やり包皮を剥いて戻らなくなってしまった、というカントン包茎の人も少なくありません。
痛みを伴うようになっていよいよ、手術のために病院を訪れる人もたくさんいます。
それだけ痛みも激しくなる場合が多く、非常に緊急性の高い病状とも言えるのです。
痛みが増したり、陰茎が鬱血したりする前に手術することは、やはり基本の行動です。
そんな困った状況になった場合は、まず病院に相談したほうが賢明と言えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です