カントン包茎の悪化を予防する基本手法

カントン包茎を悪化させないための基本知識

カントン包茎に関しては基本的な知識を把握して、間違った対応をしないことが必要になります。
まずは締めに覚えておきたいのはカントン包茎は治療が出来ることであり、自費診療ではなく保険適用での手術が行えることです。
自費の診療よりも費用的な負担が少なくなるために、患者はこの基本情報を覚えておいて損はありません。

カントン包茎は放っておいて症状が緩和することはなく、症状が重い場合にはなるべく早く根本的な治療を受けることがおすすめです。
根本的な治療とは外科手術のことですが、総合病院の泌尿器科か包茎治療を行う美容クリニックで相談することが出来るので、実績や評判を調べて診察を受けることがおすすめになります。

カントン包茎の基本情報は以上になりますが、その他に必要なことは日常での知識です。
無理をして亀頭部を露出させないことと、痛みなどがある場合には早めに受診をすることが必要になります。
無理をして包皮を剥くと元に戻らなくなったり、鬱血をするので注意が必要です。

カントン包茎の予防と基本知識

カントン包茎の原因の多くは、包皮口が狭いことで起こることが知られております。
少年期から青年期になる頃には身体の成長に伴い、男性器であるペニスも私塾を迎えますがその過程で、性の目覚めを覚えて性的興奮や刺激から勃起や自慰行為に目覚めます。
その過程で亀頭部が露出しやすくなりますが、人によっては包皮が長い真性包茎や、包皮口が狭いカントン包茎などの症状になることもあるのです。

真性包茎では亀頭が常に包皮に包まれているために湿度が高くなり雑菌が繁殖し悪臭の原因になったり、場合によっては亀頭部との癒着が起こり排尿障害や射精障害になるケースもあります。
カントン包茎は亀頭が途中までしか露出しなかったり、根元まで皮が剥けても痛みが生じるなどの支障があります。
平常時でも圧迫感や違和感があるのですが、勃起時には更に締め付けられて鬱血が起こることもあるのです。
血の循環が阻害され続けると壊死を起こす可能性も少なくないために、治療が必要になるケースもあります。

まとめ

カントン包茎の予防対策は、無理に包皮を剥かないことです。
無理をして皮を剥くことで圧迫状態になってしまい、神経や血管を傷つけてしまうことになります。
それだけではなく勃起時の血流阻害は、壊死など更に重篤な障害を残してしまう可能性があるのです。

根本的な治療はクリニックや泌尿器科での外科手術であり、包皮口を切開して広げる執刀方法が選択されます。
包皮はカリの根元で縫合されて、勃起時にも平常時にも支障がないように形成されるのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です