カントン包茎かどうか確認する際の基本事項

カントン包茎の基本情報と確認事項

申請や仮性についてはイメージが何となく分かる人でも、カントン包茎についてはよく分からない人が多いのが現状です。
これは厳密に言えば全ての状態が隣り合わせになった状態であり、複合的に仮性や申請などの状況がカントンに当て嵌まるからに他なりません。

カントン包茎で診断されやすいのが包皮口が狭くて、皮を剥いた時に痛みや圧迫感を感じる状態です。
場合によっては皮を剥くことに激しい痛みを覚えて亀頭を露出出来ない程、包皮口が狭い場合もありますし、一度剥いてしまうと元に戻すことが困難になるなど、カントンという状態にも大きな個人差があると知っておくことが大切になります。

基本的な情報でありますし個人差が大きいということなのを前提に、真性や仮性との組み合わせもあり得ると考えても構いません。
基本的には皮を剥くことで痛みや圧迫感を覚える状態ですが、真性のように皮が余っていながら包皮口が狭く剥けないようなカントン包茎もあり得るのです。
確認は基本的には自己判断せずに、臨床経験が豊富な医師に診断してもらいます。

カントン包茎の治療の基本情報について

平常時は包皮を剥いて亀頭部を露出出来るカントン包茎でも、陰茎部が充血して勃起した状態では痛みを伴ったり、締め付けられて鬱血をするなどの性障害が起こることがあります。
そのまま放っておいても治療は出来ませんので、医師の診断を受けてから外科手術を行うことが根本治療となるのです。

このような状況になってしまうのは何らかの原因で、体が大きくなり男性器が成熟する段階でも包皮口が狭いままということが起こってしまうことが主な原因になります。
ペニスの皮を剥くことは可能でも、このままでは外側の皮膚が陰茎を締め付けてしまい、充血して膨張する陰茎の動きを阻害してしまうのです。

その他にもカントン包茎はいくつもの症例があり、包皮が勃起時の余裕がない程短く不足していて、膨張時に皮膚が張り詰めてしまい痛みを感じるなどの症例もあります。
皮膚を形成しながら切除と縫合を行い、平常時にも勃起時にも不足がないように形成手術をすることで治療が出来るのです。

まとめ

無理に皮を剥こうとすると痛みが走るカントン包茎は、愛する人との性交渉を阻害してしまうことになりかねません。
また同時に性交渉による子作りもし難いなど、性障害にもなってしまうので子供をもうけたい場合などには治療が必要です。

カントン包茎の治療は病気という扱いになるために、保険適用で自己負担が少ない金額で手術を受けられます。
結婚や恋愛の予定がなかったとしても、日常生活に支障があるなどを理由にして治療を受けることは少しも恥ずかしいことではありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です